2022/08/22ブログ

酸性・中性・アルカリ性の違いを調べよう。

みなさん、こんにちは!

個別指導Witです。

 

夏休み中ということで、本日も塾のお話から脱線したお話をしていきます。

今日は「酸性・中性・アルカリ性」のお話です。朝日小学生新聞の記事から紹介していこうと思います。

※当塾は朝日小学生新聞と契約し、記事紹介の承認を得ています。

 

 

●pH試験紙の色の変化でわかる

 

家で使うもので、直接肌に触れても問題ないものを中心に、①シャンプー②ボディーソープ③ボディーウォッシュ④ハンドソープ⑤野菜も洗える台所用洗剤⑥油汚れに強い台所用洗剤⑦お風呂用洗剤⑧固形石鹸について調べます。

 

性質を調べるのに使ったものは「pH試験紙」。調べたい液体や、調べたい物質を水に溶かしてつくった水溶液にpH試験紙をつけると、色が変わります。pH試験紙がどの色になったかで、その液体や水溶液が、「酸性」「中性」「アルカリ性」のどの性質を持つのかが分かります。

 

例えば炭酸水やオレンジジュース、掃除にも使えるクエン酸は酸性を示します。水は中性。海の水や、ベーキングパウダー(重曹)は弱いアルカリ性です。今回調べてみたところ、①シャンプー③ボディーウォッシュ④ハンドソープは弱い酸性。⑤野菜も洗える台所用洗剤は中性。②ボディーソープ⑥油汚れに強い台所用洗剤⑦お風呂用洗剤⑧固形石鹸は、弱いアルカリ性でした。

 

共通するのは、強い性質は持っていない点です。肌に触れるものは、中性か弱い酸性のものが多いと分かりました。

 

●落としたい汚れで性質が違う

 

洗剤など汚れを落とす働きをするものは、どのような汚れを落としたいかによって性質が違います。同じ性質を持つもの同士では、うまく汚れが落ちません。一方で、人間の肌はもともと弱酸性。反対の性質のアルカリ性を使うと汚れをきれいに落とすことができますが、強すぎると肌を痛めます。

 

強い酸性も人間の皮膚には刺激が強すぎるのです。そのため、肌に触れるものには、弱いアルカリ性や、肌の性質と同じ弱酸性のものが多いといいます。弱い性質でも、「界面活性剤」が含まれていると汚れを落としやすいそうです。界面活性剤は、油と水が混ざるように働きかけてくれます。これを『乳化』とよび、汚れを水と一緒に洗い流しやすくなります。

 

身の回りにある、汚れを落とす働きをするものについて、どのような性質なのか、界面活性剤が入っているのかどうか、ぜひ調べてみてください。

 

個別指導Wit

中村祐也

 

■お問い合わせはコチラから

 

■個別指導Wit 公式アカウント一覧

(アイコンをクリック♪)

 

■個別指導Wit両国校の場所です🐰

#小学生#中学生#高校生#個別指導#成績の上がる独自の学習プランニング#家庭学習#自習#テスト対策#受験対策#公立中高一貫校入試#都立高校入試#成績アップ#志望校合格#駐輪場が広い#墨田区#江東区#台東区#中央区#両国

【墨田区】両国小・二葉小・緑小・中和小・外手小・錦糸小・横川小・両国中・堅川中・錦糸中・本所中 ・安田学園中高・日大一中高 【江東区】八名川小・深川小・東川小・毛利小・深川第一中・深川第四中・深川第六中・深川第七中【台東区】台東育英小・蔵前小・浅草中【中央区】久松小・有馬小・日本橋中 他、公立・私立学校に対応!

 

■個別指導Wit 両国校

東京都墨田区両国2-3-7 両国ロイヤルクレスト103

電話:03-6240-2495

メール:info@kyoiku-wit.com

お問い合わせ:

https://kyoiku-wit.com/contact/