2023/07/26ブログ

都立両国高校附属中学校 合格の道

都立両国高校附属中学校 合格の道

みなさん、こんにちは!

個別指導Witです。

 

個別指導Wit両国校の近くには、都立両国高等学校附属中学校があります。
現在は高校募集を行っておらず、中学募集のみとなっております。
元々高校の偏差値も旧第6学区(墨田区・江東区・葛飾区・江戸川区)では最上位であったため、人気校です。

当塾でも両国高校附属中学校を目指して勉強している小学生が多く通っています。
そこでこの記事では、両国高校附属中学校へ合格するために大切なことをお伝えしていきます。

 

【選抜内容】

報告書が200点、適性検査が800点の1,000点満点で選抜を行います。
“都立”ゆえに「入試」ではなく「選抜」という言い方をします。

■報告書(通知表「あゆみ」)
国語・算数・理科・社会を55点満点とし、図工・音楽・家庭・体育を45点満点として、400点。
小学5年生と小学6年生の成績を使うので、800点満点です。最終的にこの800点満点を200点満点に換算して選抜に使います。

■適性検査(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ)
都立両国高校附属中学校の入試について正確な情報をお伝えします。都立両国高校附属中学校の入試は、適性検査を主な試験とし
適性検査は大きく3つに分かれており、下記のような内容で出題されます。

適性検査Ⅰ:文章読解、作文
適性検査Ⅱ:算数・理科・社会の複合問題
適性検査Ⅲ:図形問題など理数系の複合問題

 

【対策を始める時期】

都立両国高校附属中学校に合格するために、いつから対策をするのかはお子さまの状況によって変わります。

1:学習習慣が身についていること。(週14時間以上家で勉強している。)
2:通知表「あゆみ」が全て『たいへんよい』『よくできた』など3段階中最高成績。

1と2が満たされている場合は、5年生の4月から通塾しても間に合います。
2が満たされていて1だけ身についていない場合は4年生の夏前から塾を考えた方が良いです。
そして2が満たされていない場合は、遅くても4年生の4月。もしくは3年生中から対策をする必要があります。
通知表「あゆみ」は急には上がらないからです。上げていくための準備が必要です。

 

【まとめ】

都立両国高校附属中学校の選抜は、毎年5倍弱の倍率であり、偏差値も非常に高い選抜となります。
お子さまの状況によって、3・4年生から対策を塾で始めた方が良いのか、5年生の4月からでも間に合うのかを判断してほしいと思っています。ご家庭で判断が難しい場合は、下記の「無料個別相談」バナーから個別学習相談をお申し込みください。いつから始めた方が良いのかなど、お子さまに沿ったお話をさせていただきます。

 

※無料学習相談は下記からご予約できます👇🏻

 

個別指導Wit

中村祐也

■お問い合わせはコチラから

■個別指導Wit 公式アカウント一覧

(アイコンをクリック♪)

 

■個別指導Wit両国校の場所です🐰

 

■個別指導Wit 両国校

東京都墨田区両国2-3-7 両国ロイヤルクレスト103

電話:03-6240-2495

メール:info@kyoiku-wit.com

お問い合わせ:

https://kyoiku-wit.com/contact/

最近の投稿

よく読まれている記事

カテゴリー

アーカイブ