2023/05/18メッセージ

中学生の自己表現力を伸ばすためのコミュニケーション術

みなさん、こんにちは!

個別指導Witです。

 

今回は中学生の保護者の方向けに、「中学生のお子さまとのコミュニケーション」についてお話していこうと思います。

というのも、中学生の頃に自己を表現したり、意見を述べたりできるようになることが大切であり、そのためには周りの大人とのコミュニケーションも重要になってくるからです。

 

では、具体的に中学生のお子さまとはどのようなコミュニケーションをしていくことがいいのでしょうか。

 

1. 意見の言える環境作り

お子さま自身も保護者の方への強い信頼と感謝を思っているものですが、年齢的になかなか素直になれないことも多くなります。そこで、家族とのコミュニケーションの中で、お子さまが自由に意見を述べられる環境を作ることが大切です。

例えば、晩ごはんの席で、お子さまが今日の学校で起きた出来事や悩みを話してきた時は、真剣に耳を傾け、共感の言葉をかけましょう。お子さまが自分の気持ちを安心して話せる場を提供することで、自己表現の機会が増えます。

 

2. 共感と寄り添い

中学生の年代は自分の感情や考えを理解してもらいたいという欲求が強い傾向があります。意見に共感してあげたり、感情に寄り添ってあげたりすることが大切です。

例えば、お子さまが学校で友達との意見の食い違いで悩んでいる場合には、「友達との意見が合わなくて辛いね。自分の意見をどう伝えるか、一緒に考えてみましょう」とアドバイスしてみてください。共感と共に解決策を一緒に探ることで、お子さまの自己表現力をサポートできます。

 

3. 非言語コミュニケーションを活用

言葉だけでなく、身体の表現や視覚的なサインを活用してコミュニケーションをすることも重要です。例えば、お子さまが話をしている時には、積極的に目を見て聞く姿勢を示したり、微笑みながら相槌を打ったりすることで、お子さまは安心して意見を述べやすくなります。また、お子さまが感情的な表現をする場合には、言葉だけでなく、身体の動きや表情にも注目しましょう。

例えば、喜びや悲しみを表現する際には、お子さまの感情に共鳴するような表情やジェスチャーを取り入れることで、より深いコミュニケーションを築けます。

 

これらのアプローチを取り入れることで、お子さまのコミュニケーション能力を向上させ、学校生活や社会での関わりにおいて自信を持つことができます。

 

最後に、もし中学生の学習に関するご相談や個別指導についてのご興味がございましたら、個別指導Witの無料学習相談をご活用ください。お子様の成長をサポートするために、お手伝いさせていただきます。

 

※無料学習相談のご予約はこちらから👇

 

個別指導Wit

中村祐也

 

✨電話して質問したいという方は👇をクリック♪

 

✨教室を実際に見てみたい!相談に乗ってほしいという方は👇をクリック♪

 

✨まずはLINEで色々質問してみたいという方は👇をクリック♪

 

 

■個別指導Wit 公式アカウント一覧

(アイコンをクリック♪)

 

■個別指導Wit両国校の場所です🐰

 

■個別指導Wit 両国校(墨田両国にある個別指導の学習塾)

東京都墨田区両国2-3-7 両国ロイヤルクレスト103

電話:03-6240-2495

メール:info@kyoiku-wit.com

お問い合わせ:

https://kyoiku-wit.com/contact/

最近の投稿

よく読まれている記事

カテゴリー

アーカイブ